MENU

ミノタブの一日摂取量上限は?過剰摂取は危険注意!

 

ミノタブを初めて服用する方の中には、用法容量を守らずに大量に飲んでしまう人がいます。

 

もちろん私もこの気持ちはわからなくはありません。出来るだけ早く薄毛を解消したいという焦りから、ちょっと多めに飲んだ方が効くのではないか?こう考えてしまうがちです。

 

しかし、ミノタブは大量に飲んだからと言ってその分早く発毛したりするというものではありません。数ヵ月かけてじっくりとコツコツ継続して、初めて効果を発揮する医薬品です。

 

目安の期間としては、最低でも3ヶ月は見ておいた方がいいでしょう。これは個人差があるので一概には言えませんが、早い人はもっと早く効果を実感できる人ももちろんいます。

 

ミノタブの摂取量、一日の上限は?

ミノタブのおすすめ摂取量は、一日2.5mgまたは5mgです。
とくに初心者の方はこのあたりから始めるようにしましょう。

 

そして一日の最大の摂取上限は100mgとされています。ですが、これは段階を踏んで徐々に増やしていくことが必要ですし、素人か自己判断で摂取しても問題ない量とは言えません。これだけの量を摂取する際は、必ず専門医の元摂取するようにしましょう。ハッキリ言って危険です。

 

一番多いのはやはり一日5mgか、10mgを一日2回に分けて飲むパターンでしょう。

 

場合によっては段階を踏んで一日20mg、40mgと増やしていくことは可能ですが、これは最終手段と考えておいてください。一般的には一日5mg、10mgを副作用の様子を見ながら飲んでいき、3ヶ月~半年程度は継続させる必要があります。

 

ネット上を見ていると「一日の摂取上限は10mgです!100mgも飲んだら死にます!」とかいう間違った情報が錯乱していますが鵜呑みにしないように。一日10mgが上限だったら、ミノタブ10mgなんか超危険ですから。毎日上限飲み続けることになります。

 

ただ救いとしては、本来の上限よりは安全な方向に間違っているので良かったとは思います。これが逆だと大変なことですからね。もし余裕のある方は間違ったサイト主様には注意してあげてください。

 

ミノタブの正しい飲み方、間違った飲み方

毎日同じ量を飲むのは、体内でのミノキシジルのお濃度を均一に保つようにするためです。なので、決まった量を毎日飲み続けることが肝要なわけですね。

 

例えばですが、私の場合は毎日朝仕事に出かける前にミノタブ5mgを1錠だけ飲むようにしていました。忘れないように、洗面所のハミガキのところに置いておいて、毎朝必ず目に入るように工夫していましたね。

 

飲むタイミングや時間帯などは自由ですが、できれば毎日忘れないように継続できる時間帯を選んで習慣化するようにするといいです。

 

たまに、「昨日は酔っぱらって寝る前に飲み忘れたから、今日は昨日の分も合わせていつもの倍飲んでおこう」などと考える人がいますが、これはまったく意味がありません。意味がないどころか、急に倍にしたらその分副作用のリスクは高まります。

 

どうしても「飲み忘れた」「飲めなかった」という日は、諦めてなかったことにして翌日からまたコツコツ継続させていきましょう。

関連ページ

初期脱毛の症状とは?
ミノキシジルタブレットを摂取することによる初期脱毛の症状とは?
フィナステリドとの併用効果
ミノタブとフィナステリドの併用効果や、副作用のリスクも詳しく解説しています。
徐々に効果が薄れてくる?
ミノキシジルタブレットには耐性があるのか?飲み続けると効果が薄れてくるという噂の真実とは
服用中止でリバウンド?
ミノキシジルタブレットで改善された薄毛は、服用を止めるとリバウンドして元に戻ってしまうのか?
このページの先頭へ