MENU

ミノタブで髭が濃くなった!多毛症の副作用からは逃れられない?

 

ミノタブには多毛症という副作用があります。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、文字通り体毛が濃くなるというちょっと変わった副作用で、程度には個人差がありますが、多くの男性がこの症状を実感しています。

 

薄毛だけで悩んでいる人にっては「なんだそんなことか」で済まされる副作用かもしれませんが、もともと体毛が濃いことにコンプレックスがある人にとっては、これはかなり致命的です。もし多毛症がひどく出た場合には極論、髪をとるか?体毛をとるか?この選択に迫られるのです。

 

なぜ体毛が濃くなるの?

そもそも論ですが、ミノキシジルというのは高血圧患者のための血圧降下のために投与されていた薬で、患者に多毛症の副作用が出たとして、薄毛治療に応用されたのが今のAGA治療薬となった経緯があります。

 

なので、副作用というよりはミノタブの効果として「髪にかからず体全体の毛が濃くなる」と考えるべきなのかもしれません。もちろん高血圧患者のための薬よりも頭皮用に開発改善されてはいますが、やはり体毛と頭皮を100%区別することはできないようです。

 

一番濃くなって困るのは髭

これは私も経験しましたが、ミノタブを服用して髪の毛も元に戻りましたが、それと同時に以前よりも髭が一段と濃くなってしまいました。

 

もともと髭が少し濃いめなのがコンプレックスだった私からすると、これはかなり悩む状態。もちろん髭の永久脱毛をすれば済む話かもしれませんが、そこまでやるお金も勇気もなく、ミノタブの摂取量を少し減らすなど工夫したり色々やってみました。

 

ミノタブを止めれば多毛症は戻る?

しかし、一般的にミノタブの副作用として出た多毛症は、ミノタブの服用を止めれば元に戻ると言われています。実際に私もミノタブを卒業してから徐々に体毛は元に戻っています。

 

髭に関してはまだ濃いままですが、これから時間をかけて徐々に戻っていくと思います。もともと濃いので、ここは少し時間がかかるかもしれないですね。

 

私は髭に顕著に出ましたが、他の方はまつ毛や指毛、腕毛、スネ毛など体毛が濃くなったというケースも多いみたいです。まつ毛くらいならキュートでかわいらしくなるかもしれませんが、髭は一番人から見られやすいですし困る部分ではあります・・。

 

多毛症が気になりミノタブを止めたいけど、薄毛リバウンドするのが怖くて止められないという方は、こちらの薄毛リバウンドさせない3つの秘訣をご覧ください。

関連ページ

むくみを解消するには?
ミノキシジルタブレットによる顔のむくみを解消する方法をご紹介
動悸が出た時の対処法
ミノキシジルタブレット摂取によって動悸が激しい場合の対処法を解説
ミノタブによる頭痛の原因とは?
ミノキシジルタブレット摂取による副作用「頭痛」の原因ついて解説しています。
このページの先頭へ