MENU

最強の毛生え薬「ミノタブ」の確かな発毛期待率

AGA治療薬としてもはやお馴染みになったミノキシジル。

 

”最強の毛生え薬”として、日本皮膚科学会が公表している「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010)」でも、ミノキシジルは公的に男女ともにAGA対策として推奨度「A」に認定されています。

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010)の詳細はこちら

 

テレビで活躍している芸能人やタレントさんの中にも、ミノキシジルを使って見事薄毛を解消されている方も大勢見られます。また、これまで今まで色んな育毛剤を試したけど効果がなかったという人でも、ミノキシジルだけは効いた!という人も少なくありません。

 

そもそもミノキシジルには血管を拡張する作用があるため、元々は高血圧の患者さんのための血圧降下剤として処方されていたお薬です。しかし、その患者さんに”多毛症”の症状が見られたため、発毛剤として再開発されAGA治療薬に応用されてきました。

 

そうして発展してきたミノキシジルには、現在大きく分けて3種類があります。

 

3種類のミノキシジル
  • 頭皮塗るタイプのミノキシジル・・・頭皮に直接塗るタイプの通称塗りミノキ。日本でも市販で販売されているリアップなどが有名ですね。
  • 直接注入型ミノキシジル・・・こちらは注射器などを用いて頭皮に直接注入するタイプのミノキシジルです。薄毛外来など専門のクリニックで治療を受けることができます。
  • 服用タイプのミノキシジルタブレット・・・錠剤タイプの飲むミノキシジルです。カラダの内側から作用するため効果が最も高いと言われています。

 

どれも発毛増毛に効果があると言われていますが、この中でもやはり最も効果が高く、世界最強の毛生え薬として称されているのが飲むタイプのミノキシジルタブレット、通称ミノタブです。

ミノタブの選び方

そんな最強のミノタブですが、
私たち一般人が手に入れる方法としては大きく分けて次の二つです。

 

  1. 医師に処方してもらう
  2. 個人輸入代行で通販購入する

 

1. 専門医に処方してもらう

日本では基本的に、ミノタブは薄毛外来やAGAクリニックなどで医師の処方のもと服用することが義務付けられています。

 

安心は安心ですが、しかしなかなか普段忙しく時間がない方にとっては、病院通いは難しいかと思います。それに薄毛治療は保険適用外のため、コストも100%自己負担になるのでコストもかなりかかってしまうんですね。

 

2. 個人輸入代行で通販購入する

でも、実は海外ではもっと規制は緩くて、ドラッグストアなど一般人でも気軽に購入することができるんですね。個人輸入代行を利用すれば、日本に居ながら海外の店頭で販売されているミノタブを通販購入することができるわけです。

 

自己責任で購入、服用しなければならない不安という意味でのデメリットはありますが、お手軽でコストも非常に安く済むというメリットもあります。

 

 

通販で買うときの問題点

しかし問題は、通販で購入できるミノタブにもいくつか種類があり、初めての方にとってはどれをチョイスすればいいのか?なかなか選ぶのも難しいという点ですよね。海外製ですしとにかく不安要素もあると思うので、できれば失敗したくないものです。

 

そこでここでは、数ある中からどのミノタブを選ぶべきか?
私の経験談も含め、様々な角度から比較検討してみました。

 

ぜひ購入前の参考にしていただければと思います。

おすすめはコレ!ミノタブ比較ランキング

まずは通販で購入することができるミノタブを、製品ごとに比較してみます。それぞれのミノタブの製造会社、価格、内容量などをまとめて表にしたのがこちら。

輸入代行業者はたくさんありますが、価格に関しては日本で最も利用者の多い大手業者「オオサカ堂」での取り扱い価格を採用しています。私も普段はオオサカ堂からしか購入しません。業者の中には価格だけは安くても信頼度の低いところもありますから、品質面や安全性第一で考えてます。

ミノタブ比較一覧表

 
会社名 T.O.Med Co.Ltd. T.O.Med Co.Ltd. 米国Mutual Pharmaceutical LLOYD LABORATORIES, INC.
本社 タイ タイ アメリカ フィリピン
成分鑑定
濃度タイプ 2種類 2種類 2種類 3種類
2.5mg価格

なし

なし

一本 \3,800
二本 \6,200
三本 \9,300

一本 \3,400
二本 \5,100
三本 \7,000

5mg価格

一本 \2,200
二本 \3,900
三本 \5,700

一本 \2,900
二本 \4,400
三本 \5,700

なし

一本 \3,700
二本 \5,600
三本 \7,400

10mg価格

一本 \3,000
二本 \4,100
三本 \5,900

一本 \3,100
二本 \4,800
三本 \6,000

一本 \5,800
二本 \10,400
三本 \14,500

一本 \4,000
二本 \6,000
三本 \8,000

内容量 一本100錠 一箱100錠 一本100錠 一本100錠
口コミ評価 項目2 項目2 項目2 項目2

※分かりやすいようにするため、価格は現在のレートで円表示しています。もちろん多少の変動はあるので購入する際は確認しましょう。

 

初めてミノタブを使う方へ

それぞれのミノタブで2.5mg、5mg、10mgなど濃度タイプが違うものが販売されていますが、基本的に初心者の方はまずは2.5mgなど軽めのものから始めることをオススメします。まずそこで効果や副作用の症状などを確認し、さらに効果を高めたい中級者、上級者の方は5mg、10mgと上げていきましょう。

ミノタブおすすめランキングBEST3

(Lloyd)ミノタブ2.5mgの特徴

  • 品質の高いLloyd社製から新発売
  • 専門機関からの成分認定済み
  • 初心者に最適の2.5mg濃度
  • 副作用のリスクが低い

価格 3,400円
評価 評価5
備考 最新型ミノタブの2.5mg登場!

(Lloyd)ミノタブ5mgの特徴

  • 品質の高いLloyd社製
  • 専門機関からの成分認定済み
  • 効果安定の5mg濃度
  • 副作用リスクは普通

価格 3,700円
評価 評価5
備考 世界中から支持されるLlyod社製5mgミノタブ

(米国Mutual Pharmaceutical)ミノタブ2.5mgの特徴

  • 品質も値段も少し高め
  • 専門機関からの成分認定済み
  • 初心者向けの2.5mg濃度
  • 副作用リスクは低い

価格 3,800円
評価 評価4
備考 歴史あるフィラデルフィアの老舗製薬会社

 

なぜミノタブが最強?外用薬タイプよりも効果が高い理由とは

「ミノタブが最強なんでしょ?知ってる知ってる!」こういった方は少し知識のある方なら多いかと思います。しかし、「じゃあなぜミノタブが一番効果が高いのか?」これについては意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

 

なぜ、飲む経口薬タイプの方が外用薬タイプよりも効果が得られやすいのでしょうか?イメージとしては、カラダの内側から効くという漠然としたイメージをお持ちの方もいるとは思いますが、ここでは少し具体的にミノタブの効果が高い理由についてお話したいと思います。

 

ミノタブが最強と言われる3つの理由とは?

最強理由その1. 薬の作用時間が長い

まず挙げられるのは、外用薬タイプよりもミノタブの方が作用している時間が長いということ。塗りミノキの場合、体温によってある程度成分が蒸発してしまい作用しない場合がありますが、ミノタブはそういった心配はなく体内からしっかりと作用してくれます。

 

最強理由その2. 血中に成分が行き渡りやすい

塗りミノキの場合は、皮脂などが邪魔して十分に頭皮に吸収されないことがあります。一方で、ミノタブは服用すると内臓で分解されたあと、成分が血液に運ばれて頭皮など細部にまで届けられるので効率が良いわけですね。

 

最強理由その3. 空気に触れずに摂取できる

ミノキシジルは空気に触れるている時間が長ければ長いほど、その効果は弱まってしまいます。浸透しなければムダになってしまうことも。ミノタブはそういった心配は一切ないので、効率よく薬の成分が作用してくれるわけです。

副作用リスクの把握

ミノキシジルは発毛増毛に役立ちますが、一方で副作用のリスクがあることも知っておかなくてはいけません。医薬品のため、効果効能とは別に副作用があるのは当然です。

 

そして、ミノタブは効果が高いその分、一般的に副作用リスクも高まると言われています。こういうと少し大げさに思われるかもしれませんが、念のため注意しておいてもし過ぎるということはないと思います。

 

副作用の症状や大小は体質などによっても個人差が大きいわけですが、使用する前には必ず把握しておくことが賢明でしょう。

 

知っておきたいミノタブによる副作用リスク

 

ミノタブを飲むならある程度多毛症は覚悟する必要はあります。多毛症が顕著に出た場合は、髪が濃くなるほうを取るのか?体毛を取るのか?多毛症が出た場合は究極、その選択になってきます。

 

また、もともとは高血圧のための人の医薬品だったこともあり、動悸やめまい、倦怠感など血圧が下がって時に出やすい症状が見られます。

 

ただいずれの症状も、ミノタブの服用を中止すればなくなります。多毛症は少し時間はかかりますが、体毛やヒゲが濃くなってしまった場合ももとには戻るので安心してください。

 

動悸が激しく不安な場合も、服用を中止して様子を見たほうがいいでしょう。とはいえ、ミノタブ5mg以下ではあまり低血圧症に関する副作用は出にくいので、不安な方は5mg以下で始めてみることをおすすめします。

ミノタブを飲まない方がいい人、飲んだ方がいい人

ミノタブはたしかに、”最強の毛生え薬”という呼び名にふさわしく効果は抜群なのですが、すべての薄毛の人におすすめできるというわけではありません。

 

ミノタブを飲まない方がいい人

 

ミノタブは発毛効果は抜群ですが、副作用のリスクも承知で飲む必要があります。どうしても副作用が怖い、リスクを回避したいという人は、市販の育毛エッセンスを使った治療法もあるにはあるので、そちらを試してみることをおすすめします。効果はさすがにミノタブほどは期待できませんが、副作用がまったくないというメリットはありますね。

 

また、もともと低血圧症の方が飲むと、動悸やめまいが起こりやすいので要注意です。風邪薬など何かしらの常備薬を飲んでいる方も、併用する場合はまずは医師に相談した方がいいでしょう。

 

あとこれは余談ですが、たまにお酒でミノタブを服用する強者がいます。やめておいた方が無難です。お水かお白湯で飲むのがベストですね。

 

ミノタブを飲んだ方がいい人
  • すでに薄毛が進行してしまった人
  • リアップなど塗りミノキで効果がなかった人
  • どの育毛剤を使ってもダメだった人

 

すでに薄毛がかなり進行してしまった人には、市販の育毛エッセンスなどでの回復はもはや期待できません。ミノタブでしっかり生やしましょう。

 

また、塗りミノキであるリアップなども含め、これまで色んな育毛剤を試してきたけど思うような成果が得られなかったという人には、ミノタブは最後の切り札となるでしょう。

残酷かもしれませんが、もしフィナステリドとこのミノタブを半年~1年以上併用したにも関わらず、効果がまったく見られない場合は諦めてください。あとは生活習慣の改善やストレスの発散など、日常生活から薄毛の進行原因となっている部分を意識するしか方法はありません。

 

ハッキリ言いますが、現状でこれ以上に男性型脱毛症に効く特効薬は存在しません。新しく画期的な発毛剤が開発されるのを待つなど、科学の進歩に期待するしかないというのが現実です。

ミノタブ比較ランキングに戻る

トップページに戻る

このページの先頭へ